☎︎

「何度だって気持ち良い」の、その先に

  • LINEで送る
0

皆さま、ご機嫌よう。 ブログの閲覧、いつも有難う御座います。
先日、初めましてのW様が会いにいらしてくださいました。楽しい時間を有難う御座いました。
御希望は複数回射精、つまり複数回のWet orgasm。 射精回数は2回でしたが、それはそれは深〜く、何度もアナルでイッていらっしゃいました。
ドライオーガズムの感覚はしばしば女性が感じるオーガズムに例えられます。
深くイケる。 何度でもイケる。 そんな謳い文句をよく見聞きされることでしょう。
私があえて複数回射精をさせることには訳があります。
そもそも射精をすることの無い女性は、よほど我慢したり、させられたりしない限り、行為中にイクことを我慢したりはしませんよね。
イキまくっているうちに、訳の分からない状態になって、ますます感度を上げながら深くイッている女性を見たことのある方は、このブログで言わんとしていること、私が普段行っていることを理解してもらいやすいかと思います。
「女性のようなイキ方」を狙っているくせに、男性においては、何故同じような持って行き方をしないのでしょうか?
それは、「射精をしたら終わる」という呪いに勝手にかかっているからであると、私は感じております。
オーガズムに至るには、ある程度副交感神経を優位にせねばなりません。 つまり、手放す感覚が必要です。 「もうどうでも良いや」と、些細なことに拘らず、こちらに任せていただけるスタンスをとっていただけると、オーガズムに導きやすくなって参ります。 勿論こちらとしても、導いていける環境づくりや、それ相応の技術が必要になってきます。
環境に関しては、お相手の希望に合わせて整えるとして、技術に関しては、ある師匠のもとで地道に勉強させていただいております。
「イッたら終わっちゃう」
その「イク」はもしかしたらドライの波である可能性も、無きにしも非ずであったりします。 先ずは、「イクことを我慢させない」これにつきます。 ゆえに私は、複数回射精させながら感度を上げ続ける術(すべ)を学んで参りました。
また、何度もイクうちに感度が上がるので、その感度を利用して、その他の目的を果たすことも可能になって参ります。 例えばその目的は、「射精のオーガズムと前立腺の導線を繋いでいくこと」であったり、「射精のオーガズムとその他の感覚器官を繋いで、乳首等の狙った場所への開発を促していくこと」であったりします。
何度でも言います。 体の構造的には何度でもイケるんですよ。
ただ、括約筋の状態、睾丸の運動率、PC筋云々、その人の身体の状態によって個人差はあります。 自身の状態が気になる方、自信の無い方、また、向上させたい方がいれば、触診した上でアドバイスも可能です。
色々言いましたが、まだ言いたりません。 しつこい?
ただ、ここでうだうだ話したところで、行動にうつす人はうつすだろうし、そうでない人は一生そうなのだと思うので、今回はここら辺で。
興味があれば試してみてね。 手厚く歓迎しますよ。 以下のシフトで、私はもぐらにおりますゆえ。
10/23 (金) 14:00〜19:00 10/24 (土) 13:00〜18:00  
10/30 (金) 14:00〜19:00 10/31 (土) 12:00〜17:00
※時間外対応、応相談。個人ブログへコメントください。 imjapanese.blog.jp/archives/10473526.html 来年以降は更に出勤がシビアになってきそうです。 来るなら今年のうちですよ〜。
ほな股。

2020年10月21日