☎︎

Y君の

  • LINEで送る
0

写真を撮ってほしい…
ブログに載せてほしい…
そんな彼の願望を今度こそ叶えてあげようと思いました。
ニコニコと優しそうに笑う彼は、「負け犬チンポの変態」です。
前回はバレンタインの少し前に来てくれたので
「バレンタインあったけど、どう?オマ●コに挿入した?負け犬チンポ更新中なの?」
と私が言えば、負け犬チンポをギンギンに勃起させながら
『更新中です。オマ●コに挿入したいです!』
と彼。
「負け犬チンポを勝ち組チンポにする努力してるの?もう1年の1/3終わっちゃうよ?また今年もオマ●コに挿入出来ないまま終わらせるの?」
『努力・・してないです。挿入したいです。』
「4月、出会いの季節、勝ち組チンポは連日オマ●コに挿入して濃厚接触してるのに、貴方はケツマ●コにオモチャ挿入して自分のお手々でチンポしこしこしてるの?チンポが泣いてるよ」
そう、チンポが泣いているんです。 チンポの先っぽから粘り気のある涙を流しているのです。
私から酷い事を言われても、彼はちっとも反省はしません。
毎回『ごめんなさいごめんなさい』と口先だけの謝罪の言葉を繰り返し、次会う時もまた勃起した負け犬チンポを股からぶら下げてくるのです。
今回の負け犬チンポの無駄打ち射精は3回。
「勝ち組チンポはオマ●コの中で射精するから、射精する瞬間を女の子に見られるなんて事ないんだよ?オマ●コの中で射精出来ないなら金玉必要ないよね?だって受精させられないじゃん?チンポも必要ないよね?だってオシッコなら女の子みたいに穴があれば良いわけだから」
『チンポは必要ですぅ』
「ケツマ●コでメスイキ出来るんだからチンポ必要ないでしょ。だって挿入しないじゃん?チンポだって「あれ?俺仕事なくね?」って思ってるよ。チンポに謝りなよ」
『ごめんなさい』
そんな口先だけの謝罪をしながら、口に私の唾液を溜めて手を突っ込まれながら何度もメスイキする彼。
ね、チンポ必要ないでしょ?
上のお口と下のお口をグチョグチョにされればイっちゃうんだもの。
今回も楽しい時間が過ごせました(°▽°) 長文のブログも書けたら書きます!期待せずに☆☆

p.sスルメありがとう!美味しかったです。食べながら日記書いたよ!笑
つばき

2021年4月14日